« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

敦煌スケッチ旅行

Sdscn8989
茂陵の馬の彫刻。真鍮の素材のよう。金色でシャープな形。大きさは50センチほど。

|

2012年11月29日 (木)

敦煌スケッチ旅行

Smoryou
西安郊外 茂陵(もりょう)

大きな石の馬や牛などの像が傑作なお寺。絵は部分

| | トラックバック (0)

2012年11月28日 (水)

敦煌スケッチ旅行

Sdscn8753
敦煌。月牙泉。休息する駱駝たち。それぞれが思い思いに座っていた。

|

2012年11月27日 (火)

敦煌スケッチ旅行

Suma_2
碑林博物館の壁画。貴族のホッケーのような遊びの場面。馬の形が独特。


|

2012年11月25日 (日)

敦煌スケッチ旅行

S西安。

碑林博物館の壁画。発掘、修復途中で公開されていない。

|

2012年11月24日 (土)

敦煌スケッチ旅行

465窟 そう身曼荼羅。部分。男尊と女尊の合体図。

優美さと迫力と色気があり特異な元の時代の壁画。S465

|

2012年11月23日 (金)

敦煌スケッチ旅行

首のない仏陀。 荘厳な感じが一層際立っていた。

Ss1

|

2012年11月22日 (木)

敦煌スケッチ旅行

Suma
莫高窟。329窟 西壁南側。

太子が馬に乗って雲の中を走るところ。何人かの伎楽飛天が彩雲をついて音楽を奏でながら花を散らしているめでたい場面。

|

2012年11月21日 (水)

敦煌スケッチ旅行

S3sikouteinohaka
西安郊外。 始皇帝のお墓の銅製の四頭立ての馬車。部分。

見物客が多い中でのスケッチ。そのスケールの大きいこと。

いろいろ描きたいものの多い場所だった。

|

2012年11月20日 (火)

敦煌スケッチ旅行

S

西安。 大雁塔。部分

優美で素晴らしい建物。夕方と早朝二度描いた。

|

2012年11月19日 (月)

敦煌スケッチ旅行

Stonnkou_2
敦煌の思い出。 思い出すままに描いたドローイング。悠久の時間のイメージと天女など。



|

2012年11月18日 (日)

敦煌スケッチ旅行

S_2ラクダの上から。

砂の高低もあり意外に乗り心地は悪かった。前の人は同行のNさんとTさん。

スケッチもここまで来るとほとんど病気。





|

2012年11月17日 (土)

敦煌スケッチ旅行

S_2
ラクダとラクダの顔。

不思議なラクダの首とこぶ。

首と膝などに生えている剛毛が面白く、砂除けの座布団の役目をしているようだ。

|

2012年11月16日 (金)

敦煌スケッチ旅行

Sdscn8752
465窟 特別に見せていただいた石窟。穴のあたりに人骨が見えたりして凄みがあった。

| | コメント (0)

2012年11月15日 (木)

敦煌スケッチ旅行

Sdscn8748
仁王と邪鬼。

石窟の出口の彫像。思わずスケッチの一枚。

|

2012年11月14日 (水)

敦煌スケッチ旅行

S
仏陀の顔。莫高窟の博物館にて。

暗い所で見る金属のブッダの顔は神々しく神秘的で迫力を感じた。

|

2012年11月13日 (火)

敦煌スケッチ旅行

Sdscn8749
254窟。サッタ太子本生。

釈迦の一生がドラマチックに描かれている。ブルーと白とこげ茶の美しい群像。壁画のスケッチとはなんだろうと思いながら描いた。

|

2012年11月11日 (日)

敦煌スケッチ旅行

S
329窟 乗象入胎 

雲の上の天女や象や馬や竜などが小気味よく描かれていて、空中での軽やかさと重さが絶妙。

|

2012年11月10日 (土)

敦煌スケッチ旅行

Sdscn8747

428窟。サッタ太子本生

山と人と動物と樹木が単純化され、絵巻物を三段に分けて時間の流れを巧みに組み立て、勇壮なロマンを描いている

|

2012年11月 9日 (金)

敦煌スケッチ旅行

Sdscn8745
254窟。

朱色のブッダと周りのブルーとの対比が美しく両脇の絵物語も大傑作と思う。

翌日も訪れスケッチをした。

|

2012年11月 8日 (木)

敦煌スケッチ旅行

Sdscn8744
158窟 これはとてつもなく大きな涅槃像。身長15.8メートル。頭部は3メートルとか。

石窟全体の印象は静かで厳粛。

|

2012年11月 7日 (水)

敦煌スケッチ旅行

Sdscn8743


莫高窟。崖に作られた大きな正面だけの仏閣。

入館時のあわただしいひと時に描いた。各階の左右に石窟がたくさんある。世界で一番長い画廊ともいわれる。

|

2012年11月 6日 (火)

敦煌スケッチ旅行

Sdscn8754


月牙泉(ゲツガセン)。砂漠のオアシスが月の形をしていて、傍らに三重の塔などが見える。

人造湖のようだがなかなか様になっている。

ラクダに乗ってこの辺りまで来て引き返した。

|

2012年11月 5日 (月)

敦煌スケッチ旅行

S
もう一人のガイドさん。スケッチブックをめくっていたら出てきた一枚。

名前は忘れたが、目がきれいで大柄な女性だった。

|

2012年11月 4日 (日)

敦煌スケッチ旅行

S

鳴砂山でのスケッチ。月とラクダと砂漠。夜の砂漠はやはり不気味。

|

2012年11月 3日 (土)

敦煌スケッチ旅行

S
鳴砂山(メイシャサン)。 敦煌の街はずれにある砂漠の観光地。月牙泉(ゲツガセン)というオアシスがある。

ちょうど月が出ていてロマンチックな夕べだった。

|

2012年11月 2日 (金)

敦煌スケッチ旅行

S
日本画家のNさん.テンションがいつも高く、賑やかで楽しい。この時は眠っていたようだ。

|

2012年11月 1日 (木)

敦煌スケッチ旅行

S

もう一人の造形作家、Tさん。

俳句をたしなんでいて、敦煌でも何首か作っていた。月の砂漠が憧れとか。

|

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »